⑧ あなたと地域住民・メディアなど

風評被害や差別・中傷を防ぐために

感染者が判明し、施設名が報道された直後から、帰宅途中に取材の声をかけられたり、施設に問い合わせや苦情の電話がくるようになりました。

かかわりのポイント

感染者が判明したことによる不安に加え、周囲から差別的な対応を受けることは大きなストレスとなります。慣れないマスコミ対応に戸惑ったり、連日の報道に疲弊感を感じることもあります。
施設で対応が統一されていると、職員の安心にもつながります。

「風評被害の防止に向けた対応ガイドブック」
(全国社会福祉法人経営者協議会)
風評被害を防ぐために、事前に準備できること、感染者が発生した時の情報発信の方法、チェックリストなどが掲載されています。
https://www.keieikyo.com/keieikyo/news/170