どのフェーズでお困りですか?

感染予防の時期

P1:自分でできる感染対策
P2:組織の特性に合わせた利用者の感染対策
P3:感染対策による利用者(児)のストレスへの対応
P4:入所している利用者と面会ができないことへの不満のある家族への対応
P5:自分が家族に感染させないか過度に心配している部下への対応
P6:他の事業所との連携方法

 


濃厚接触者・感染者が発生している時期

C1:自分でできる感染対策+濃厚接触者の対応(訪問・入所)
C2:眠れないときの対応
C3:気分がすぐれない時の対応
C4:濃厚接触者や感染者になった利用者への対応
C5:自宅待機中の職員への対応
C6:人員不足による応援要請の方法
 


感染経験者の復帰を支える時期

R1:利用者が眠れないと悩んでいるときの対応
R2:利用者が気分がすぐれないと悩んでいるときの対応
R3:仕事のやりがいがないと話す職員への対応
R4:死にたいと訴える職員への対応